CPUの思考・タッグデュエル攻略


プレイング

モンスターの戦闘

今作では戦闘破壊されることで効果を発揮するモンスターを自爆特攻させるようになった。
しかし、例えばパートナーがオール炎属性デッキだったとする。
そのような場合でもグリズリーマザーなど他属性のリクルーターで自爆特攻することもあるので注意。

強制転移の使い方もうまくなり、弱小モンスターを攻撃表示で出した後、こちらの高攻撃力モンスターと入れ替えてくる。
自壊効果を持つモンスターを押し付けることもある。

以下旧情報
表面上ダイレクトアタックが可能だと思ったら、攻撃力が1以上あるモンスターは攻撃に参加させる。
マシュマロン等は壁から的に変更、ジェルエンデュオの生存率も低くなる。
相手の光の護封剣発動中でもこのルールは適用される。
タッグでは、一応それを囮に相手の弱小モンスターを攻撃表示にさせる利点もあるが。
また、何故か魔鏡導士リフレクト・バウンダーの効果を全く考慮してくれず、倒せる状況なら絶対に殴りに行ってしまう。
反射ダメージでこちらのLPが0、ということもしばしばあるので何かしらの除去カードを伏せておくのもありだろう。

召喚・特殊召喚・セット

手札・墓地にある時は、効果は無視されることが多く、攻守が最も高いモンスターを選び、攻撃力が高ければ攻撃表示、
守備力が高ければ守備表示で召喚するが、先行1ターン目にはリクルーター系の召喚順位は高い。
攻撃力1800の下級アタッカーが手にあっても、リクルーターやクリッターを優先して場にセットする。
また、攻撃力が相手モンスターより劣る場合、召喚時の効果などを無視し、守備表示にする。
ただし、スチームロイド宝玉獣 トパーズ・タイガーのようなモンスターならダメージ計算時の事を考えた上で召喚してくれる。
また死者蘇生は即使用、更に効果優先なのか、高ステータスでも通常モンスターはあまり選ばない。
そのため、破壊されないからといって攻撃力0のD-HEROドレッドガイを攻撃表示で出すなどとんでもないことをしてくれる。

表表示の起動効果モンスターの場合は、効果使用後にアドバンス召喚のコストにする知恵があるが、
裏守備のリバース効果モンスターとアドバンス召喚の順序を考えてくれないのは、相変わらず。
リバースして効果発動→そのモンスターをコストにアドバンス召喚して欲しい状況でも、愚直にアドバンス召喚する。

モンスターのサーチ・特殊召喚

今作では賢くなっている。
例1:レイおろかな埋葬を使わせると、ちゃんとライトロード・ビースト ウォルフを落として特殊召喚した。
例2:十代おろかな埋葬を使わせると、ちゃんとE・HERO ネクロダークマンを落として、後に効果を活用した。
例3:万丈目 のデッキにサイバー・ツイン・ドラゴン未来融合-フューチャー・フュージョンを入れると、おジャマキングよりサイバー・ツイン・ドラゴンを優先して融合させた。

しかし、状況を見てカードを温存する知恵が無い為、王宮の弾圧発動中は全くお話にならない。
ひたすら融合死者蘇生を使用しては800LPを払って潰し合う。
(これを逆手に取り、ゾンビキャリアの蘇生効果連発でLP切れ寸前まで払わせる事も可能。)

以下旧情報
攻撃力または守備力が高いモンスターを優先。
フィールド魔法が無くともE・HERO キャプテン・ゴールド天空の使者 ゼラティアスも蘇生して自壊する。
今作は優先カード(後述)がプログラムされている為、それらを選ぶ事もある。
しかしD-HERO ドレッドガイの効果でD-HERO ディスクガイ2体や、
永続魔法扱いの宝玉獣が無いのに宝玉獣 ルビー・カーバンクルの特殊召喚は、パートナーとしては非常に困る。

魔法・罠のセット

魔法・罠カードのセットは基本的に1ターンに2枚までしかセットしない。
罠カードが複数枚あり、同名カードが存在しない場合、左から2枚セットする。
バーン系統など魔法・罠カードの多いデッキを使うパートナーの場合注意したい。
基本的には5枚伏せる事はあまりないが、4枚までは遠慮無く伏せる。
たまに装備魔法など伏せる必要のないカードは5枚目の場所も使ってくる。
またメタモルポッドを出すときは、セットできるカードをすべてセットするため、わかりやすい。
しかし、この時フィールド魔法まで伏せる。

魔法・罠の発動

状況に応じて温存する傾向がある。
具体的にはモンスター除去カードや光の御封壁。
モンスター1体の攻撃にミラーフォースを使わなかったり、ライフポイントを減らすのを避け光の御封壁を温存する。
ただし「状況に応じて」と言っても良い形で判断するわけではないので注意。

魔法・罠の除去

表側表示のものが優先される。多少は重要度を見極められる様だが過信は禁物。
逆に、なんらかの永続カードを発動していれば伏せカードを守れる。
(例えば波動キャノンは格好の囮となる。)

むしろ味方の時の方が問題で、裏側で魔法・罠を伏せる→使用せずに全てを大嵐で破壊するのは当たり前。
前々にCPU自ら伏せた死者蘇生だろうと、少しカウンタのある波動キャノンだろうと、
敵の魔法・罠ゾーンにカードが多ければ、CPUは全く意に介さず『使用前に』破壊する。

砂塵の大竜巻は、伏せた次のターンならほぼ確実にエンド砂塵(相手が伏せたカードをそのエンドフェイズに破壊)をする。
サイクロンは、逆にエンドフェイズには使用せず、フィールド魔法と装備魔法、一部の永続魔法・罠に対してのみ発動する。
ロック系のカードは即破壊、味方モンスター0、敵モンスター5という状況であろうと即破壊。
また、こちらの使用した装備魔法に対しては、こちらの攻撃宣言時に装備魔法の破壊を行ってくるので、結果として返り討ちに遭いやすい。
また、自身で発動した装備魔法に対しても発動する場合がある。理由は不明、デメリットのあるカードという認識なのか?
例:凶暴化の仮面を装備してこちらのモンスターに攻撃→サイクロンで自ら凶暴化の仮面を破壊→相手モンスターが返り討ちに。

除去に対するチェーン

TF2よりは向上しており、収縮突進非常食サイクロンが、モンスター効果やサイクロン
R-ライトジャスティスなどで対象に指定されれば、チェーンして破壊前に発動する。
「破壊されるかもしれないならいっそ」といった思考が付いた模様。
しかし、何故か大嵐裁きの龍神獣王バルバロスなどの全体破壊に対しては、そういった発動をしてくれない。
(石原(ホルス)戦時の裁きの龍の効果に対しての収縮発動を確認)
罠カードは速攻魔法よりもう一歩賢く、大嵐→破壊前にチェーンで和睦の使者を発動、といったケースも珍しくない。

生け贄・コスト

生け贄やコストに使えるモンスターに同じLvのモンスターがいると、何故か高攻撃力の方を選びやすい。サーチ等と同じ理屈だろうか?
おそらく通常召喚可能なモンスターが優先して生け贄・コストに使われる。
フィールドまたは手札、フィールドまたは墓地のカードを使用する場合、使わなくていいのにフィールドのカードを使う事も珍しくない。

モンスター効果

使えるものはガンガン使う。
通常召喚すればいいのにD-HERO ダッシュガイ竜魔人-キングドラグーンの特殊召喚効果を使う。
攻撃すればいいのにヴォルカニック・エッジの効果を使う事も。
ガジェットは1の思考に戻ったのか、ピンチ時でも攻撃表示で出す。
終末の騎士は先行1ターン目など状況に応じて裏守備表示で使用。

メインフェイズ2

基本的にセットの時間。使える効果を使わない事も。例えばバトルフェイズに攻撃しなかったヴォルカニック・エッジの効果を使わない。
通常召喚を行っていなかった場合、行う場合もある。状況によっては上級モンスターをこのタイミングで生け贄召喚するケースも多々ある。

優先カード

ステータスを無視して優先して選ばれるカードを指す。
D-HERO ディスクガイ宝玉獣 ルビー・カーバンクル等、デッキの核となりうるカード。
エドヨハンをパートナーにした時苦労させられただろうが、
これは他のCPUにも適用されている。
優秀だからといって自分のデッキに入れていると他のキャラでも苦労させられる事に。
今作ではライトロード・ハンター ライコウや、変わったところでは電池メン-ボタン型等が設定されている。

CPUに使わせると危険なカード

こちら を参照。

タッグデュエルにオススメなカード

基本的にはタッグパートナーにデッキを合わせるほうが強いし楽しい。
タッグパートナーと同じコンセプトのデッキか、もしくはタッグパートナーのデッキをサポートするデッキにするのがおすすめ。
タッグパートナーに応じてどういうデッキを組もうかと思い悩むのがタッグフォースシリーズの醍醐味といっても過言ではないだろう。
逆に自分のデッキにタッグパートナーがプレイングをあわせてくれると思っていると上手くいかないことが多い。
また、パートナーには優先カードが設定されているのでデッキを合わせることでパートナーの変なプレイを抑止できる。
例えば、十代 が2400くらいの有効な効果付きモンスターをリリースしてネオスを召喚する事はあるかもしれないが、
ネオスをリリースしてネオスを召喚する事は当然ながらない。

手札事故が起きる様なデッキは使わない。
通常なら数ターン耐えればコンボも完成するかもしれないが、
タッグでは次の自分のターンが回ってくるまで3ターンかかるので、待ち時間も3倍となる。
上級モンスターや装備カードの入れすぎ禁物。使いやすくなったとはいえ融合や儀式も注意。
パートナーのデッキを組むなら高ステータスの低級モンスターを多様、上級を入れるなら人造人間-サイコ・ショッカー
帝モンスターを選択するのを勧める。

生け贄封じの仮面おろかな埋葬

パートナーの召喚サポートではなく、いっそ封じてしまおうという逆転の発想。
おろかな埋葬は伏せてパートナーに使わせる。
やはり強いモンスターを優先して墓地に送るが、墓地に絡むタクティクスもある程度理解してくれており、
例えばダンディライオンE・HERO ネクロダークマンを墓地に送る優先順位は高い。
しかし、今回はプレイヤー以外はほぼ漏れなく死者蘇生の使い手であるので、墓地に送ることの危険性はかなり高くなった。
森の番人グリーン・バブーンD-HERO ダッシュガイを嬉々として墓地に送り、
ターンを過ごす内に相手に蘇生されてしまう事も多い。
そのため、敢えて上級モンスターは特殊召喚制限のあるものを導入するのも手。
また、自分がドラゴン族デッキで相手がドラゴン族を使わない場合、タイラント・ドラゴンなどは一方的に蘇生できるのでお勧め。

ガジェット

効果は使い切りで、元々のステータスが高くないので生け贄にされても苦にならない。手札事故も回避できる。
ただしその性質上、低攻撃力をさらした状態になるので防御カードの投入は必須。

キラー・トマト等のリクルーター及び対応モンスター

タッグデュエルを円滑に進めるにあたり、必須とも言える。
リクルーター自体もリクルートできるので、スペースがあればパートナーの対応リクルーターを投入するだけで役に立つ。
逆にパートナーが対応モンスターをデッキに入れてなければ入れない方がいいかも。
また、素早いモモンガ等の複数展開が可能なリクルーターは、タッグフォースではさらに凶悪さを増している。
戦闘破壊される際プレイヤーがパートナーであった場合、そちらのデッキから呼び出されるため、一度に3体呼び出されるからだ。
勿論、さらにそれらのモンスターを貪欲な壺などで使いまわすことも可能である。

漆黒の戦士 ワーウルフミラージュ・ドラゴン

今回は、多くのキャラがロックパーツを用いたデッキを使う。
その際、CPUは光の護封壁グラヴィティ・バインド-超重力の網-を相手モンスターの攻撃にカウンターする形で使用する。
その為、これらのモンスターをフィールドに出しておけば、ロック罠に関してはほぼ封殺することが可能。
流石に発動済みのロック罠やロック魔法を抑えることはできないが、十分な抑止力になってくれる。
もちろん、鬱陶しい聖なるバリア-ミラーフォース炸裂装甲を抑えることも出来る。
攻守は低めなので罠カードか収縮等で守りたい。

人造人間-サイコ・ショッカー

自分で使ってもパートナーデッキに入れても問題のない非常に優秀なモンスター。
唯一の欠点は魔法・罠ゾーンに無駄にカードが埋まる事くらいか。非常食ハリケーンで処理したい。

D.D.アサイラント異次元の女戦士

事故の起きようがない強力カード。CPUは除外されることを嫌って、このカードへの攻撃をためらうことも多い。
特に上級モンスターで表側表示のこれらのカードを攻撃することはまずない。
前作とは違い、本作では積極的に自爆特攻をする。そのせいで場が空になってしまうこともしばしばある。
異次元の女戦士は戦闘で破壊できなかった場合遠慮無く効果を使う点も注意。
スロットに余裕がないならD.D.アサイラントだけでもいいだろう。
また、増援を入れるならこれらカードより攻撃力の高い戦士族を入れるのはオススメしない。

奈落の落とし穴次元幽閉

言わずと知れた強力除外カード。基本的にCPUは除外に弱いので、ビートダウン系のデッキには非常に良く刺さる。
除外を利用するデッキや、王宮のお触れ人造人間-サイコ・ショッカーが投入されているデッキへの対策は忘れずに。

バーン系カード

タッグデュエルだと初手の手札が2人で計10枚なので、それを全てLPダメージに注ぎ込めばすぐに相手のLPを0にする事ができる。
単純にご隠居の猛毒薬昼夜の大火事を10枚使えば勝てるので、メタカードを使われない限りかなりの確率で勝てる。
ただしCPUはご隠居の猛毒薬のダメージ効果よりLP回復を優先させたり、昼夜の大火事を発動しなかったりするので、
デス・コアラディメンション・ウォール死霊ゾーマなど、CPUでも扱えるカードを中心に持たせておくといい。
パートナーのデッキに悪夢の拷問部屋が入れてあると、このカードとコンボにする為であろうか、
初手にバーン系のカードがきても使用しなくなってしまう模様。
よって、悪夢の拷問部屋はパートナーのデッキには入れない方がよい。

非常食

パートナーがバカみたいに伏せたカードの処理に。ただしパートナーに使わせる事は考えない。
CPUはカード発動時にそのカード1枚をコストにするだけで終わる。
このカードと相性がよく、パートナーと合わせて効果効率がよくなるゴブリンのやりくり上手もついでに投入するといいだろう。

氷帝メビウス等の「帝」モンスター

生贄1体で済み、効果も使い切りで不安も無い。
ただし、雷帝ザボルグ邪帝ガイウスには自壊の可能性があり、その場合にセット(裏守備召喚)してでも召喚することがある。
帝は守備はいまいちな為、無駄に生贄を使った挙げ句あえなく潰される、という流れになりやすい。
また氷帝メビウスは他の帝に比べると、何故か優先順位が低い様子。
もちろん、入れすぎによる手札事故にも注意。

魔封じの芳香

逆転の発想のひとつで、死者蘇生地砕きをセットしてもらって自分で使おうというもの。
相手の魔法も妨害できるのでお得。
砂塵の大竜巻サンダー・ブレイクといった阻害されにくいカードを積んでセットカードを除去するのも手。

抹殺の使徒シールドクラッシュ

地砕き地割れはやけに温存&濫用して安定しないが、CPUは何故かこちらは頓着なく使ってくれる。
通常モンスターに刺さる事も珍しくないが、CPUに持たせるならこちらの方が地砕きより安定した戦果が望める。


サンダー・ボルトハーピィの羽根箒(などの禁止カード)

前者は相手の場のモンスター、後者は魔法・罠をノーコストで一掃する禁止カード。
情報裏技等にある通り、このカードに限らず、パートナーデッキにだけ入れるなら禁止カードのデメリットは何もない。
解禁には手間暇が掛かるし、サンダー・ボルトに至っては深淵からの訪問者の100Fでのランダム入手だが、
単純・強力な禁止カードの投入を考えない手はないだろう。