早乙女(さおとめ)レイ(RJ)子供時:登場デュエリスト声:仙台エリ

あっ、プレイヤーくん、こんにちは!
この島…
とってもイイところだねっ!

  • 特徴
丸藤亮(B)に惚れてアカデミアに潜入した時のレイ。
使用するのはTF2で主に使った【恋する乙女】である。

恋する乙女を中心としたデッキ。初見では一体どうやって勝つんだろうといったデッキ構築・戦術を取る。

戦術の都合上、唐突に恋する乙女薄幸の乙女を攻撃表示にして、勝てる勝負を落とす事も。
が、一度回り始めれば、相手のモンスターのコントロールを次々奪っていく悪夢の展開が対戦相手を待ち受ける。
自分のモンスターゾーンが一杯になっても、コントロールを奪えばそのモンスターを破壊することができるのが強力。
恋する乙女の効果をフルに使う為にはLPの確保も十二分に必要で、上手くデッキを回す為には多くのカードを必要とする。
環境相対的には、TF2の頃より更に上級者向けとなったパートナーと言える。

ちなみにハッピー・マリッジは、洗脳-ブレイン・コントロールのようなコントロール系カードの効果のみならず、
死者蘇生などで相手の墓地のモンスターを自分の場に蘇生した場合でも効果範囲であり、使用可能となる。
マジカル・コーディネイト(P)から早期入手可能な自律行動ユニットの価値は一段と高まるし、
相変わらず正規入手の面倒極まりないカードだが、出来れば死者蘇生も入手しておきたい。


【TF3で恋する乙女を使う場合の構築】

すきすき大好き(P)が必須になる為、TF1を持っていなければオススメしない。

TF2までのようなロックやキュアバーンにするとイマイチ安定せず、レイの使う恋する乙女がどうしても足を引っ張ってしまうことが多い。
こちらの相手のデッキタイプに合わせてサポートすることで、抜群に強いというワケではないが効率と安定性を高めることができると思う。

これまではキュアバーン風にしてこちらのLPをどんどん増やしていき攻勢に転じる作戦があったが、
回復ギミック自体成立までに時間を要すること、レイが勝手に恋する乙女を攻撃表示で出したがるため、
コンボの準備がままならない合間にボコボコにされて負けることも多くなり不安定なものとなってしまう。
TF2までのようにシャインエンジェルによって恋する乙女を引っ張ってきたり、
アームズ・ホールキューピッド・キスや必要とあらばハッピー・マリッジ早すぎた埋葬をサーチ・回収するやり方は同じ。

恋する乙女がどういった段階を踏まえてコンボを成立させるかが肝になる。

  • 恋する乙女は相手に攻撃されなければカウンターを乗せられない。

相手の攻撃宣言そのものを封じるロックカードとは何かと相性が悪い。
相手に恋する乙女へ攻撃を通させた上で自分のLPはなるべく削られないようなカードでなければならない。
これはディメンション・ウォールが一番適する。
足りないようなら類似効果のガード・ブロックホーリー・ジャベリンの投入もいいだろう。
なによりレイがこれらのカードをデフォルトで持っているので効果的に利用してしまうという意味でも腐らない。
ただあまり入れすぎると徐々に追い詰められていくことになるので枚数はそこまで要らないだろう。
他にも「恋する乙女」を利用してダメージを軽減するカードがあるので下の項目で一緒に説明してみる。

  • 乙女カウンターが乗った相手モンスターにキューピッド・キスを装備した自分のモンスター(恋する乙女)が 
 ダメージを覚悟に攻撃しコントロール奪取を試みる。

これは天空の聖域スピリットバリアでダメージを0にしている状況では発動しない。
でも「恋する乙女」自身の攻撃力が低すぎるため普通に攻撃を受けきっては大ダメージで相応の見返りは期待しにくい。
ということでデッキイメージにもマッチする強者の苦痛によって相手の攻撃力を下げると被害が少ない。
相手の攻撃を受けるにもこちらから突貫するにもこれ一枚で随分余裕が出てくるハズ。
(2枚張ってもいいがディスアドが酷いこと、肝心の装備カードを装備できなくなるなんて可能性も出てくるのでよく考えて使う)

そして強者の苦痛と並んで使い勝手がいいのが進化する人類
LPが相手より低ければ恋する乙女は一つの攻撃力のボーダーラインである2400という値になる。
これは下級モンスターならそのまま殴り倒せる上に、帝や人造人間-サイコ・ショッカーなどの
このカテゴリーの代表格である有力モンスターを一方的に破壊できる。
逆に相手よりLPが低い状況ならば恋する乙女の攻撃力は1000となり相手からのダメージを軽減した上で乙女カウンターを乗せることができる。
恋する乙女自身が戦闘では破壊されないため、キューピッド・キスなどの装備カードの場持ちは良い方だろう。
強者の苦痛と併用していれば並みのデッキを使う相手ならカードを破壊しない限り、そうそう攻勢に出ることは難しくなるだろう。

状況を把握しなければディスアドバンテージが酷く悲惨なことになりかねないが、
ロックデッキやキュアバーンで回すよりはリスクも低く、安定性も高く、なによりそこまでの長期決戦になりにくい。

ちなみに強者の苦痛は相手の場のモンスターの攻撃力が総じて低くなるため、恋する乙女以外のこちらのモンスターも恩恵を受けられる。
その後の突貫で相手のモンスターを奪った場合、そのモンスターの攻撃力が元に戻るので非常に効率的。

ここまでが恋する乙女のコンボを成立させるまでの流れだが、色々と問題も。

やはり装備カードや永続魔法に頼るため相手にカードを壊されやすい。これは魔宮の賄賂で対処するほかに無い。
本来なら状況を問わない神の宣告、CPUでも下手な使い方はしないであろう偽者の罠で防ぎたいところだが、
前者はLPが約2000を切らないと発動せず消費も大きく、後者は罠限定ということでデッキに微妙にマッチしない。
こればかりは自分で伏せるタイミングを間違わないように気をつけるか、レイのターンで対戦相手のくだらないコンボを封じるために
レイが使用しないように祈ろう。
自分のターンで伏せるだけ伏せて次のターンで大嵐を誘発できればしめたもの。
幸いにもレイは大嵐を積んでいないので巻き込まれることはない。

あとは火力不足を補うため1体のリリースで汎用的な活躍を期待できる帝と、どんなデッキでも頼れる神獣王バルバロスなどを入れておこう。
TF2同様リクルーターや戦闘破壊耐性のあるモンスターのおかげで専用にギミックを用意せずとも生贄確保には苦労しない。
ただ、このデッキは受けたら攻めに転じる性質上相手の伏せカードを除去する必要がある。
デッキが弄れるようになればレイに氷帝メビウスを3積みさせると安定する。
その他のモンスターまでも対象にする帝の効果ではモンスターばかり駆除して肝心の魔法、罠カードを狙わないことが多いからだ。

物語をクリアするだけならこれだけで簡単にクリアできたので煮詰めきったワケではないが、
他にもアタッカー兼破壊されたとき相手の攻撃力を下げるニュートや、恋する乙女の効果でなくともハッピー・マリッジを装備できる
強制転移なども用意しておけば、意外な局面で活躍してくれるだろう。

ゴヨウ・ガーディアンと違って「墓地送り」にしてコントロールを得るわけではないため、相手がリクルーターであっても、
大して躊躇もせずに奪っていける。
相手のレベルが低く一度コンボが成立すれば相手の場はガラ空きになり、こちらの場にはモンスターが並び、
強者の苦痛の効果で戦闘破壊すらもままならない状況へ持っていけることもある。
バトルフェイズでコントロールを奪取するので、そのまま追い討ちをかけられるのも恋する乙女の強みである。

ただコンボを要さずともTFのCPU相手なら強者の苦痛を張った状態での帝や神獣王バルバロスで押し切れることも多い。
状況次第でパワーで押し切るか、恋する乙女でモンスターを得ていくかは見極めなければならないだろう。
ディフェンス・メイデンなんかもそれなりに存在感を感じることができると思う。

スカブ・スカーナイトを使えばいいじゃん」って言われても泣かないこと。


【恋する乙女コンボを重視しない構築】

光属性・魔法使い族が多い為、その統一性を活かせる構成になるだろう。
単純にシャインスパークを使えばリクルーターのシャインエンジェルでも並の下級とは自爆特攻でぶつかれるし、
サイレント・マジシャン LV4の攻撃力も簡単に2000まで伸びる。
サイレント・マジシャン LV8に道を繋ぎたいなら、レベルアップ!も入れておきたい。

レイのデッキには戦闘破壊耐性を持ったモンスター、シャインエンジェル見習い魔術師等のリクルーターが多く、
CPUは地砕きなどで積極的に除去してこないため、意外と打たれ強い。
そうしたモンスターが場に残りやすい事を活かして、生贄確保に専念させるのもよい。
特にスピリットバリアを張った場合の、薄幸の乙女恋する乙女は正に鉄壁。
ただし、スピリットバリアキューピッド・キスの相性は悪いので注意しておこう。
受け継がれるもの(P)が出現済なら、積極的なシンクロ召喚を行うことが出来る。

シンクロ召喚を行う場合、チューナーは恋する乙女などのLv2モンスターのを蘇生させられるジャンク・シンクロンや、
魔法使い族チューナーのフレムベル・マジカルマジカル・フィシアリストが採用候補か。
シンクロモンスターは好みでいいが、ハッピー・マリッジと相性がいいゴヨウ・ガーディアンが強力。
シンクロ召喚とシナジーの高い精神操作洗脳-ブレインコントロールを多めに入れておけば、
ハッピー・マリッジを使えるタイミングも一層多くなる。
A・O・J カタストルジャンク・シンクロンで容易に出すことができる。

マジシャンズ・サークルを2枚積んでいるので、それを活かして魔法使いデッキにしても強い。
フィールド魔法を魔法族の里にすれば、場に残りやすい恋する乙女の価値も上がる。
レイのパックからは比較的高い攻撃力を持つ憑依装着シリーズが手に入るので、これも組みやすい。
ただし、こちらもマジシャンズ・サークルを積むと、かなりの確率でレイが恋する乙女のサーチに使ってしまう事には要注意。
また、総じてディフェンス・メイデンが腐りがちであるが、オオアリクイクイアリのエサにすると有効活用できる。
場に積極的にカードを伏せてくる大半のCPU相手には有効。

最上級モンスターとしては、三幻神・三邪神などを投入してみるのも一興か。
邪神ドレッド・ルートは、ダメージを受ける必要がある薄幸の乙女恋する乙女とのシナジーも抜群。
最もお勧めは、相手フィールドのリセット能力を持つ神獣王バルバロスである。
地属性パックのチルドレン・オブ・ガイア(P)で簡単に手に入る上に、妥協召喚でも攻撃力1900なので、
打撃力に欠けるレイのデッキには相性が良い。

恋する乙女が場に存在する上で、相手の攻撃宣言を受けないと発動できないため、神炎皇ウリアとの相性は悪い。

  • 出現条件
早乙女レイ(RJ)(子供時):子供時。TF1UMD連動。
早乙女レイ(RB)(男装子供時):男装・子供時。TF1UMD連動。
早乙女レイ(BR)(ブルー通常):さいしょから登場。
早乙女レイ(B)(ブルー連動):ブルー生徒。TF2UMD連動。

  • お気に入り

  • 使用デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
恋する乙女 出会編 1 パートナーデッキ
恋する乙女 初恋編 2 1周目、2周目以降前半
恋する乙女 熱愛編 3 2周目以降後半
恋する乙女 破局編 5 禁止・制限解除

  • フィールド上会話
デュエル申し込み
勝利
敗北
引き分け