大徳寺(だいとくじ)(教師):登場デュエリスト:声:山口勝平

プレイヤーくん!
おひさしぶりなんだニャア~
元気そうで
なによりなんだニャア~
  • 特徴
さも当然のように登場するアカデミアの「錬金術」担当兼レッド寮長。
アニメ本編とは設定が大きく異なり、ある目的のために新たに体を練成したことになっている。

使用するデッキは正体とは大きく異なる。世を忍ぶ仮の姿ということか。
パートナーデッキとなる「私からの卒業試験 前期」は主に
の3つの要素が混在している。ちなみにこのコンセプトはTF1の時と変わっていない。

まともにコレに付き合ってデッキを組むとクリアまでが苦難の道程になることは必至なので、
タッグ時は無難なところでシンクロモンスターを軸にしたデッキを使用すると良い。
死霊ゾーマ魔鏡導士リフレクト・バウンダーはCPUに戦闘を躊躇わせる有能な壁になってくれる。
また、終焉の焔スケープ・ゴートも、シンクロ召喚素材としては自由にリリース出来るのを忘れずに。
(ただ、死霊ゾーマを敵エンドフェイズに使う知恵はあるのに、終焉の焔などは、
何故かそのようには使ってくれないので、基本的にはプレイヤーが積極的に発動した方が良い。)

デッキが編集可能になったら、とにかくお気に入り指定以外の使いづらいカードは全て抜いてしおう。
癖の強いカオスポッドメタモルポットダイス・ポットを抜いてしまいたい人もいるだろうが、これはもう諦めるしかない。
聖なる輝き王宮の号令でリバース効果を封じておくのも良い。

リリースを要求するカードを仕込んでおくとリバース効果を発動させずに処理が可能になる。
また、D-HERO Bloo-Dはトークンと相性が良いため1~2枚差しておくと意外な所で役に立つ。

ただし、投入するシンクロモンスターの選抜にも慎重さを要する。
特に氷結界の龍 ブリューナクは、後先考えずに効果を乱発する。
また下手にレッド・デーモンズ・ドラゴンとトークンが並ぶと、その効果によるトークン破壊を防ぐ為、
攻撃力ゼロのトークンでも、守備表示の相手にガンガン攻撃してしまう。
これらはいっそ投入しないのが無難かも知れない。

私からの卒業試験 後期」は前期の2つ目をメインに特化させた【ウォールバーン】に近い構築。
3積みされた死霊ゾーマディメンション・ウォール魔鏡導士リフレクト・バウンダーに加え、
後期から加わった冥府の使者ゴーズ溶岩魔神ラヴァ・ゴーレムアヌビスの裁きに注意。

禁止デッキは正体と共通の「最後の余興」。
多くのデッキが苦手とする除外によるデッキ破壊を狙う【ネクロフェイス】型。
封印の黄金櫃ネクロフェイスを除外してデッキを削り、マクロコスモスを展開した状態から、
デッキ破壊系の常連カードによってデッキ切れを狙うコンセプト。
封印の黄金櫃ネクロフェイスに加えてメタモルポットが制限を無視して1枚多く投入されている。

シナリオの都合上で、ハート4個のラストデュエルはアモン十代(YU)が相手になる。
その際の大徳寺の口調については御愛嬌というところか。

  • 出現条件
マップ・パートナー:ストーリーモードを3キャラ以上クリア

クリア後アムナエルが出現

  • お気に入り

  • 使用デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
私からの卒業試験 前期 3 パートナーデッキ、1周目、2周目以降の前半
私からの卒業試験 後期 7 2周目以降後半
最後の余興 9 禁止・制限解除

  • フィールド上会話
デュエル申し込み
勝利
敗北
引き分け

ニャア~
三沢クンだニャア~
三沢クンと一緒にいると
面白いことにいっぱいめぐり逢えそうなんだニャア~

  • TF1のデュエリスト名鑑
 オシリスレッドの寮長にして、錬金術の教諭。
飄々とした性格、口調でつかみどころがない。
無から有を生み出す「錬金術」の専攻のためか
デュエルはあまりやったことがないようである。
使っているデッキについても謎。
謎だらけの人物ではあるが、猫が大好きという点
だけは判明している。
好きな食べ物も謎。