※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヤガミと…~小笠原ログ(11月12日)

<これまでのあらすじ>
 自殺したヤガミをどうにか復活させるも、ヤガミは舞踏子も、誰のことも信じられなくなってしまった。

 ゲーム開始前
  ヤガミ⇒鍋@ふぁん評価:友情-4/愛情-2


芝村 > /*/
芝村 > どこで待つと、連絡しますか?
鍋@ふぁん > ヤガミが現在どこにいるかは、私にはわからないのでしょうか?
芝村 > ええ。分からないね。
鍋@ふぁん > うーん。では、以前ヤガミは海辺にいたので、海辺でお願いします。(どきどき)
芝村 > /*/
芝村 > 夜の海辺です。貴方が待っていると、す
芝村 > 後ろから声が聞こえた。
鍋@ふぁん > 振り向きます。
芝村
元ヤガミ:「何か、用か?」 
鍋@ふぁん > 「あの、あなたに会いたくて。」
芝村 > 眼鏡をかけてもいないし、ジャンパーも着ていない。
鍋@ふぁん > 髪も伸びているのでしょうか?
芝村 > 髪は伸びてるね。後ろでリボンでとめている。
鍋@ふぁん > 痩せていますか?(藤崎さんのゲームでやつれていたので)
芝村 > 細くはなっているが、痩せた印象はないね。精悍な感じだ。
芝村元ヤガミ:「ヤガミにあいたいなら、紹介する」
鍋@ふぁん > 「ううん。紹介しようがないよ。私が会いたかったのは貴方だもん。」
芝村 > 元ヤガミは薄く笑った。
鍋@ふぁん > 「今、どうしてるの?無理・・・してない?」
芝村元ヤガミ:「なにも」
芝村 > 元ヤガミは少し笑った。 今は自由で、それだけだと
鍋@ふぁん > 「自由で・・・幸せ・・・?」
芝村元ヤガミ:「幸せではないが、もうこれ以上失うものも、傷つくものもない」
芝村:「死んでないだけだが、動ける分だけ死とも違う」
鍋@ふぁん > 「・・・。今それでもヤガミは戦ってる。私に何か協力できることはない?」
芝村 > 元ヤガミ:「何もない。心配することも、ない。勝手にやって、勝手に死ぬ」
鍋@ふぁん > 「心配しないことなんて、できないよ。ヤガミの幸せをいつだって願ってる。」
芝村元ヤガミ:「貴方なりに、そうだろうな」
鍋@ふぁん > 「私なり・・・そうかもしれない。でも真剣に願ってる。」
芝村元ヤガミ:「貴方なりに、そうだろう」
芝村 > 元ヤガミは孤独と寂しさを感じさせたが、微笑んでいた。
鍋@ふぁん > 「足りないんだね、私なりにじゃ・・・・。今はこれで精一杯。でも、でも、貴方がとても大切です。」
芝村 > 元ヤガミは音もなく笑った。そして背を向けて歩き出した。
鍋@ふぁん > 後を追いつつ
鍋@ふぁん > 「でも、ヤガミ。ヤガミは私の『私なり』がどれくらいのものか、本当に分かってる?」(覗き込むように話しかけます)
芝村元ヤガミ:「もう十分に」
鍋@ふぁん > 「本当に?」(さらに見つめます)
芝村元ヤガミ:「ああ。気が狂うくらいには」
芝村元ヤガミ:「だがまあ、もう終わったことだ」
芝村元ヤガミ:「これからは、俺の好きにやる。誰にも省みられないでも、構わない。期待するのも、おかしな話だ」
鍋@ふぁん > 「でも、約束は守ったよ。覚えてる?・・・そして、私はまだ終わっていない。」
芝村 > 元ヤガミは肩をすくめた。
芝村:「お好きなように」
芝村 > 元ヤガミはそういうと、酷く陽気な口笛を鳴らして歩いていった。
鍋@ふぁん > 「前回勝手にとりつけた約束だけど、また会いにきたよ。そして、期待されなくても私はヤガミを見てる。好きにするよ。」
芝村 > 貴方は動けない。
鍋@ふぁん > 「また、会いに来るから!!」(と大きな声で叫びます)
芝村 > 元ヤガミは微笑んで、暗がりに待っていた小柄な少女の肩を叩くと、連れ立って歩き出した。
芝村 > 無視された。
芝村 > /*/


<感想戦>

芝村 > はい。ゲーム終了です。マイルは払い戻されました。

鍋@ふぁん > !?10マイル払い戻しですか?
鍋@ふぁん > (ヤガミ呼ぶのとミニイベントで20マイル使用しました) 
芝村 > 全額戻るよ
鍋@ふぁん > ぜ、全額ですか!?ありがとうございます!!
芝村 > ヤガミは私なりという貴方について、哀れに思ったようだ。
芝村 > その上で次回に元ヤガミを呼ぶことは出来ない。
鍋@ふぁん > !!???
鍋@ふぁん > 私の精一杯じゃ足りなのかーーー@@   ヤガミと会うには迷宮に行くしかないのでしょうか?
芝村 > 元ヤガミはほむらを使ってウナギヤガミを助け出した。HIとロジャーの争いもとめた。
鍋@ふぁん > 亜細亜ちゃんと、ほむらも側にいるので、ヤガミは今も未来の守り手として戦っているのだろうと、思っています。
鍋@ふぁん > (一つ一つの争いを止めて、先に何を見ているのかがつかめませんが)
芝村 > さてねえ
芝村 > 自殺したいだけかもしれんが
鍋@ふぁん > 自殺願望未だ健在ですか・・・・。幸せじゃないんですものね・・・。
芝村 > さあ。貴方にはもう何もわからんよ。
鍋@ふぁん > !!??
鍋@ふぁん > ヤガミのために何かできることはないのでしょうか?
鍋@ふぁん > もう、本当に何にもわかりませんーーーー。
鍋@ふぁん > 迷宮に行けば、会うチャンスはあるのでしょうか?
芝村 > 保障はしない。
鍋@ふぁん > 保障はないけれど、可能性は0ではないのですね。ありがとうございます。 鍋@ふぁん > あと、次回からヤガミは呼べなくなるそうですが、何か理由があるのでしょうか?(どきどき) 
芝村 > 貴方なりのがんばりをもう二度しないでいいようにという、元ヤガミの配慮だ。
鍋@ふぁん > そんな配慮いらんよーーー。好きでやってるんだーーーーーー。ヤガミーーーーー 
鍋@ふぁん > あと、今回私なにかポカをやらかしましたか?次回の参考のためにお聞きしたいです。
芝村 > いや、ポカは思い浮かばないね。強いて言えば、もっとはやくやってればよかったね
芝村 > では解散しましょう。お疲れ様でした。
芝村 > ではー