※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#setlinebreak

ストーリー・考察 アーマード・コア2 アナザーエイジ [#rdf9b6e0]

火星で起こったクーデター事件から数年 地球は再び戦いの時を迎えていた・・・。


ストーリー [#db5c207d]

公式サイトより [#dd773710]

火星で起こったレオス・クラインによるクーデター事件から数年…。
火星での騒乱の後、地球政府は、事態の収拾と復興に、多大な労力を割くことを余儀なくされた。

なかでも、有力な権力機構をことごとく失った火星世界の秩序の回復と維持に、
強い指導力を発揮する必要があり、そのための軍事力の増強は避けられない状況にあった。

一方の当事者であった企業体は、政府の所有する軍事力の急激な増大に対し、 
自らの存在に対する強い危機感を覚え、秘密裏に各々の軍備を強化させていた。

政府と企業体との関係は徐々に悪化し、情勢は混迷を深めていった。

軍事力の確保を急いだ政府は、地上世界の開発に対して消極的にならざるを得ず、 
地下世界から地上への移住計画は明確な遅れを見せ始めていた。

30年戦争の影響によって、住環境に致命的な打撃を受けていた多くの地下都市では、 
現在の政府および企業体の姿勢を地下世界の住民を無視するものとして反発し始め、 
各地では小規模な武装蜂起が頻発するようになっていた…。

取扱説明書より [#p300016c]

火星での騒乱から5年後。

地球政府は、騒乱の収集とその後の復興に、多大な労力を割くことを余儀なくされた。
有力な権力機構をことごとく失い、
混沌の様相を強くしていた火星世界の秩序の回復と維持のためには、
強い指導力を発揮する必要があり、そのための軍事力の増強は避けられない状況であった。

軍事力の拡大を急務とした政府は、相対的に地上世界の開発に対して消極的にならざるを得ず、
地下世界から地上への移住計画は明確な遅れを見せ始めた。
30年戦争の影響によって、住環境に致命的な打撃を受けていた多くの地下都市では、
政府及び企業体の姿勢を地下世界の住民を無視するものとして反発、
各地で小規模な武装蜂起が頻発していた。

一方の当事者であった企業体は、政府の所有する軍事力の急激な増大に対し、
自らの存在に対する強い危機感を覚え、火星社会復興のために動きのとれない政府を横目に、
半ば公然と各々の軍備を強化させていた。
政府と企業体との関係は徐々に悪化し、情勢は混迷を深めていった・・・・


勢力 [#haa0bf53]

ナーヴス・コンコード(CONCORD) [#o3dd1bba]


ジオ・マトリクス(ZIO MATRIX) [#l0482c24]


エムロード(EMERAUDE) [#rccce123]


バレーナ(BALENA) [#m56dcc31]


地球政府(the Central Union of Earth) [#ud2e5362]


監督局(B.O.C Bureau of Control) [#p03cca6e]


インディーズ(INDIES) [#g05b639a]



考察コーナー [#s07de49d]

#article
|