※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#setlinebreak

PSAC/BOOSTER [#i469be30]

  • PSACでは割と簡単に最高速に達してしまうため、軽い機体にはあまり高出力のブースターをつけない方が良い。
  • ブレホ速度がブースタの出力に依存するため、効率の悪化に目を瞑ってでも高出力ブースタを積んだ方がいい場合もある。戦闘スタイルと相談。



B-P320 [#m59c5565]

弱出力だがコンデンサ消耗は最も少ない
パーツ名 B-P320
TYPE BOOSTER
PRICE 10800
ブースタ性能
WEIGHT 208
ENERGY OUTPUT 28
BOOST POWER 9800
CHARGE DRAIN 4360

  • 総評
    • 初期ブースター。ミッションを円滑に進ませるためには二番目に買い換えるべきパーツ。


B-P350 [#v1a691a4]

出力の向上に伴い消耗もやや増加
パーツ名 B-P350
TYPE BOOSTER
PRICE 13700
ブースタ性能
WEIGHT 162
ENERGY OUTPUT 33
BOOST POWER 12800
CHARGE DRAIN 4410

  • 総評
    • 軽量で出力も増えているので、買い替えの第一候補。


B-T001 [#p0f7e1a1]

最軽量にして高効率の大出力を発生する
パーツ名 B-T001
TYPE BOOSTER
PRICE 34000
ブースタ性能
WEIGHT 149
ENERGY OUTPUT 30
BOOST POWER 17300
CHARGE DRAIN 4600

  • 総評
    • 初代では隠しパーツ。それに見合う高性能。
    • 軽量級の他、E効率の欲しい機体に。


B-T2 [#bb514745]

中程度の出力と低消耗によりもっとも効率的
パーツ名 B-T2
TYPE BOOSTER
PRICE 31500
ブースタ性能
WEIGHT 235
ENERGY OUTPUT 38
BOOST POWER 14800
CHARGE DRAIN 3850

  • 総評
    • 軽量級で余裕があるならこちらの方が良い場合も。
    • SSVTや501ならこの出力でもほぼ最高速度を得られる。


B-P351 [#nc4cd649]

出力も消耗率も高い、短距離ダッシュ用
パーツ名 B-P351
TYPE BOOSTER
PRICE 25500
ブースタ性能
WEIGHT 288
ENERGY OUTPUT 41
BOOST POWER 21000
CHARGE DRAIN 6980

  • 総評
    • 初代・PPでの最高出力ブースター。
    • ブレードホーミングがぐんと伸びる


B-VR-33 [#v986cc00]

最高クラスの出力を維持し、高効率化
パーツ名 B-VR-33
TYPE BOOSTER
PRICE 48500
ブースタ性能
WEIGHT 255
ENERGY OUTPUT 35
BOOST POWER 19000
CHARGE DRAIN 5070

  • 総評
    • 中2以上ならこのレベルは欲しい。
    • E消費はそれなりに多く、長期の空中戦ではジリ貧になる。


B-HP25 [#j28e3722]

軽量小型、加速は弱いが効率は良い
パーツ名 B-HP25
TYPE BOOSTER
PRICE 52500
ブースタ性能
WEIGHT 186
ENERGY OUTPUT 35
BOOST POWER 8500
CHARGE DRAIN 2520

  • PP追加パーツ
  • 総評
    • 長時間滞空出来るが、速度が出ないのでいい的になってしまう。対戦での使用はお勧めできない。
    • ミッション向けのブースター。


B-PT000 [#z9c64d4e]

瞬発力を重視し、急速な接近・離脱が可能
パーツ名 B-PT000
TYPE BOOSTER
PRICE 62500
ブースタ性能
WEIGHT 301
ENERGY OUTPUT 52
BOOST POWER 23400
CHARGE DRAIN 7450

  • MoA追加パーツ
  • 総評
    • 瞬発力最優先の最高出力ブースター。空中戦はまず諦めたほうがよい。
  • 余談
    • 重コア「XCH-01」に搭載すると何故か本来の位置ではなく内側に寄り添うように搭載される。性能に変化は無いので気にしないのが一番。
    • SLPにおいてKBT-T000として復刻された。


|