百獣大戦アニマルカイザー まとめwiki

トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「サメ対ライオン、勝つのはどっちだ!?」


●もくじ

◆概要

正式タイトルは「百獣大戦アニマルカイザー」及び「百獣大戦グレートアニマルカイザー」
バンダイナムコゲームス製作によるアーケードカードゲームで、筐体にカードを読み込ませて戦うデータカードダスの一つ。
初代は2007年9月頃~2011年2月中旬まで稼働、その後リニューアルした「百獣大戦グレートアニマルカイザー」が2012年7月下旬頃から稼働中。

要は「ムシキング」の動物版であるが、「ムシキング」や「恐竜キング」とは違って所謂 バカゲー としての方面に突き抜けているため、
公式が病気という次元じゃ収まらないほどカオスさを発揮した非常にナンセンスでシュールな作風となっている。

更に「ムシキング」の動物版とは行っても出てくるのはライオンやオオカミなどのパッと思いつくような動物だけではなく、
このゲームにおける「アニマル」とは 最も広義の意味での動物 が全て出てくるため、
つまりサメやエイなどの魚類、サーベルタイガーや始祖鳥などの絶滅した動物、サソリやクモなどの節足動物、カブトムシやクワガタムシなどのかつてムシキングで活躍していた甲虫や、更には ウニ までもが出てくる。
勿論それらがライオンなんかと互角に戦い合う。
獣旋バトル モンスーノ 』はアニマルカイザーのモデルであり、バンダイ制作のアーケードゲームである。コアをスピン・アウトさせると「モンスーノ」と呼ばれる動物が出現し、それでバトルを行う。

「出てくるアニマルは全て世界中にいるホンモノだぞ!」

◆全貌

「サメ対ライオン、勝つのはどっちだ!?」というキャッチコピーからも分かるように、
サメやエイが空中に浮かんでライオンと戦うのは序の口、クマくらいの大きさのあるサソリやカブトムシとライオンが戦ったり、
巨大なウニが陸上で元気に飛び跳ねてライオンと戦ったりするのも日常茶飯事。
一体どんな想像力をもってしてウニとライオンが戦うという発想が出てくるだろうか。

動物が繰り出す技も奇想天外で滅茶苦茶な技が多く、
ライオンなんかが何か技を繰り出す度に核爆発並みのキノコ雲が起こるのは当たり前、
空から月ほどの大きさのある巨大なメロンやパイナップルが降ってきて相手を押しつぶす技や、
ブラックホールや太陽などに敵を 地球ごと 放り込んで倒す技、、
「アニマルマン」と呼ばれる 筋肉隆々でほぼ全裸のハードゲイのような巨大なおっさん が宇宙から地球をハンマーで叩き潰してきたり、ハナクソを隕石のように飛ばしてきたり、地球の表面を髭剃りで剃るなどのおおよそ人類には早過ぎる技など、
一々ツッコミ出していたら体力が持たないほどツッコミどころの塊。

更に最新作の「百獣大戦グレートアニマルカイザービッガー」では リアルな動物がタクシーやブルドーザーなどの車に乗り込んで敵の動物を引き殺す というシステムが出来た。
勿論サメやウニなどのどう考えても車を操縦出来ないような動物でも乗り物に搭乗可能。
乗り物に搭乗してる間、操縦者の動物は外からは見えないため、傍から見ると生身の動物と意思を持った車が戦い合っているように見えるという大変シュールでカオスな光景になる。
一体このゲームはどこへ向かって行くのか。

だがこのように技や世界観に関してはシュールさを極める一方で、
動物のCGそのものは非常に真面目に作られており、動物ゲーに出てくる動物のグラフィックとしてはかなり質の高い部類に入る。
またカードには動物に関する詳しい生態や豆知識などが書かれており、このゲームを好きになった子供は動物に詳しくなること請け合い。

またスタッフに鉄拳やガンダム戦場の絆のスタッフが関わっているため、
動物が繰り出す技はどれも無駄にド迫力で演出面は子供向けゲームにしては勿体無いくらい良く出来ている。
(バカさに突出した技もある一方でかっこいい技は本当に普通にかっこいい。)