※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「光あれ!」と神は言われた。しかし光は反抗期だったので、あれと言われるとなくなりたがった。こうして世界はに包まれた。しかも光は山本直紀の「ありがとう」みたいなやさぐれた青春に憧れていたので、なくなった後暴走族の家に入り浸った。暴走族を倒さねば、世界に光が戻ることはないであろう……。