ギサルメ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ギサルメ ~Guisarume~


基本スペックと定義



全長 250~300cm
重量 2.5~3.0kg
地域 ヨーロッパ
年代 11~15世紀


ギサルメはイギリスで古くから使われた槍鉾類である。
イギリスの武器なのに、語源はどういうわけか古高ドイツ語の草を意味する「ゲダン(gatan)」と鉄を意味する「イサーム(isarn)」。
更にそれがフランス語の「ギュサーム(guisarme)」となり、13世紀中頃の英語文献に「ギシャルメ(gisharme)」として紹介される。
だが、この形状の武器は更に2世紀前の11世紀には存在したと言われている。
一般的な武器として普及しており、長い時代を経て大変よく使用された。

ビルより以前に存在したものは「ギサルメ」と言う、鎌とL字型の突起のみのシンプルな穂先のものである。
ものによってはこの鎌の先端近くにさらに小さな突起がある場合もある。

ビルの発展型と言えるタイプは、ビルとの特性を併せ持つため、「ビル・ギサルメ」と呼ばれている。
詳しいことを書いた文献はないものの、「二つの斧と一つの剣を持ったもの」であると紹介されている。





部位別の呼称



刺先:スパイク(Spike)
鎌:サイス(Scythe)
口金:ソケット(Socket)
柄:ポール(Pole)






時代背景



当初は農民の反乱で多く使われたと言われている。
そのときの形状が鎌と針のような突起のものだったと思われ、鎌のように薙ぎ、針で突くだけの武器なので、農民でも扱いやすかったのだろう。
この鎌状の穂先に針のような突起が付いた形状のものは「ギサルメ」と呼ばれていた。

この突起がやがて槍の穂先のようになり、鎌の刃元部分が斧のようになって行き、一つの穂先に複合した機能をつけた武器へと進化する。
この結果生まれたのが「ビル・ギサルメ」である。





使用用途



突起部分で突き、鎌部分で斬ったり薙いだりする。
先端が湾曲しているため、引っ掛けて手前に引くことで馬上の相手を引きずりおろしたり、切り裂くことも可能である。
使用用途自体が鎌で草や農作物を薙ぎ払う方法に近いため、熟練度の低い市民や農民でも扱いやすく、かつ高い威力を発揮できたものと思われる。





2009年 6月13日更新

参考文献


・文献

新紀元社        武器事典          市川定春      著
新紀元社        武器と防具 西洋編     市川定春      著
ダイヤグラム・グループ 武器―歴史、形、用法、威力 田島優 北村孝一 著






ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。