クレセント・アックス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クレセント・アックス ~Crescent Ax~


基本スペックと定義



全長 120~150cm
重量 2.5~4.0kg
地域 西ヨーロッパ
年代 14~15世紀


クレセント・アックスとは、刃渡りが60~80cmある長く大きな斧刃を持つ戦斧である。
刃先が弓なりに湾曲していることから、「クレセント(三日月)」の名が付いた。





部位別の呼称



斧頭:アックスーヘッド(AxHeads)
斧刃:アックス・ブレード(Ax Blade)
柄:ポール(Pole)






時代背景



14世紀にイタリアで作られたものが起源であるといわれている。
この頃のイタリアは群雄割拠の時代で、各地にスイス人、ドイツ人の傭兵が溢れており、イタリアでは様々な武器が使われていた。
そんな中、イタリアの兵士が使っていたクレセント・アックスをドイツ人傭兵が持ち帰り、様々な形状に応用・変形させていったのである。
この三日月形の斧頭が東欧、北欧に多く見られるのは、このような事情が影響していると思われる。





使用用途



振り下ろし、切り伏せる。
斧系に共通する、最も強力な攻撃方法は、この武器も例外ではない。
特にクレセント・アックスは、斧刃自体が大きいので、斧の特性を最大限に生かせると言っていいだろう。





2008年 9月29日更新

参考文献


・ウェブサイト

wikipedia

・文献

新紀元社        武器事典          市川定春      著
新紀元社        図解 近接武器       大波篤司      著
ダイヤグラム・グループ 武器―歴史、形、用法、威力 田島優 北村孝一 著
幻冬舎コミックス    図説 武器だもの      武器ドットコム    著






ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。