バグ

フリーズ報告は再現性を確認してから書き込んで下さい
また、バグの中には仕様とされるものも含まれています。


フリーズについて


頻繁なロードがPS2を酷使させているとも考えられる。年期モノを使ってる人ほど注意。
フリーズが多いようなら、読み込みが終わらないうちに次の読み込みをさせるような
焦ったプレイを控えてみるといいかもしれない。
ノーリセット信念を持ってる人でも毎ターンセーブするほうが良い。転ばぬ先の杖だ。
捕獲でフリーズしたという報告も多い。捕獲前にはセーブすることを推奨する。
今作品ではステージクリアごとに捕獲した機体を解体してキャピタルにすることはない。
捕獲リストにある機体を自分で売り払わなければ、どんどん溜まっていく。
リスト参照の際、残存する数が多いとロードによる負担が大きくなる。
なるべく溜め込まない事。

●フリーズした時の対処法(絶対ではない)
過去に2回フリーズして2回ともフリーズ状態から回復したので、以下に報告する。

1.フリーズしてもあせらず、1~2分コントローラで適当に押す。
2.駄目だったら、ディスクをオープン。この時、BGMも止まるが気にしない。
3.そのまま、ディスクを戻すとしばらくしたら読み込みを始める。
4.BGMが再び流れ始める、そこから数分すると動かせるようになった。
5.たまたまかもしれないが、SAVEを忘れてて全てをパーにする前に試す価値有り。


※2010年6月7日追記
メモリーカードの容量をあけることで回避可能か?

【状況】
エンディングまで見てプロフ97%、機体がほぼ埋まっている状態。
それまでも編成画面、戦闘中などランダムにフリーズが発生していた。
Vガン3面、戦闘中特定のロードのあとのセーブで必ずフリーズするようになる。
容量をあけたことで、今までの全てのパターンの行動を再現してもフリーズ見られず。

「終盤にフリーズが多発」は、書き込むときの一時データが大きすぎるためだと思っているが・・・

●出撃編成画面でのセーブについて
出撃編成画面でセーブしたデータをロードするとフリーズし、セーブデータが使えなくなるという報告が 複数存在します。
出撃編成画面でセーブするのは避けたほうがいいかもしれません。
また、別のメモリーカードにデータをコピーすれば復旧できるとの報告もあります。
※出撃編成画面:シナリオ開始時、自軍出撃と表示されて出撃ユニット選ぶ時に四角ボタンで行ける画面の事。
安全にセーブするのであれば、 シナリオ中がおすすめ。

また、ステージクリア後にもフリーズするという現象もおきているようです。 こちらはギブアップ→リトライで回避できるという報告があります。

●ZガンダムのSTAGE4、「コロニーの落ちる日」でエマ・シーンが撃墜されていると、ステージクリア時にフリーズする。

●GP03デンドロビウムのMAP兵器「爆導索」を選び範囲を表示→キャンセルをしたところ、ゲームが完全にフリーズしました。
 全てのディスクに問題があるのかは分かりませんし、一応セーブデータ自体の破損もありませんでした。
 (ディスクを取り出して再読み込み、ソフトリセットなども受け付けませんでした)

●機動戦士ガンダム戦記 Lost War ChroniclesのSTAGE 4 両雄決戦にて。
 対MS用トラップが1つのターンで複数個(今回は3つ目)爆発した際にフリーズしました。
 具体的には 左下の戦車前のが爆発→ 中央やや左のが爆発 →中央上の、爆発有効範囲が表示された時点でフリーズ。

●「機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに」3話、1ターン目に自軍戦艦を奥面へ行かせて、また2ターン目にサラブレットを行かせると何故か
 敵増援出てこない。
 そして1ターン目の時に自軍を出撃させて、また帰艦したら、次の出撃にフリーズ。

●MS IGLOO5話ビグ・ラング出撃後、増援戦艦のボール×2、ジム×2を1ターン内に同じ戦艦で連続捕獲しようとするとフリーズします。
 このときは自軍戦艦のメーインヘイム、味方増援の左側ムサイ、グワジンでバグが起こるようです。(右側ムサイ、ヨーツンヘイムは未確認)
 また、捕獲を数ターン、もしくは捕獲する戦艦を分けて捕獲すれば問題はない模様。

●「0083 スターダストメモリー」の4話で、ドラッツェを捕獲したらフリーズ。
 ロードして母艦撃破後、少し間を置いてから捕獲した場合は無事でした。

●一通りクリアしたあたりから、セーブを選択するとフリーズするようになることがある。

●ZZ最終ステージ辺りから発生。「ステージクリア→機体開発・設計など→セーブ」で頻繁にフリーズ。逆シャアではクリア後即セーブでもフリーズ。新・旧2台のPS2にて同じく発生。上記の対処法でも復帰不可。

●08MSの2話目メイン戦で、敵ビッグトレーの収容機体3機を回収し、スペック確認のため三角を押すとフリーズしました。

●敵白旗ユニットを戦艦で捕獲して△ボタンで戦艦のプロフィールを開き、捕獲機のページを開いて△ボタンを押すとフリーズしました。↑の人と同じかもしれませんが、08MSの2話目メイン戦ではなくて、ファーストのソロモン攻略戦でリックドムを捕獲したらなりました。

その他のバグ

●イフリート改のEXAMは、本来1.5倍になるはずの消費ENが2/3になる。
 また、通常格闘扱いのはずのヒートソードがBEAM格闘扱いになっている。

●「全ての戦艦が生産できるようになりました」が何回も表示される(FINALクリアデータロード直後は確実?)

●パーフェクトガンダムのアビリティ欄には「脱出機能搭載」のアビリティが表記されてないが、実際には脱出機能が働く。

●戦闘前の会話でキャラクターを見ても、そのステージをクリアしても、キャラクターが登録されないことがある。
 理由は不明だが、そのステージをはじめからやり直し、イベントスキップをしなければ登録されるのが確認されている。

●リィナ・アーシタの戦闘中の簡易ステータスの顔表示が、右側に表示された時と左側に表示された時とで違う。
 正確には、右側に表示された時はドレス、左側に表示された時は通常時の表示となる。また、右と左で表情が違う時がある。

●全てのキャラにおいて、テンションが普通なのに弱気の顔になったり強気なのに普通の顔になったりする。何度かカーソルを動かして表示させていれば正常になる。

●Zガンダム(劇場版)STAGE 2 ジャブローの大地でカミーユがレコアを救出する時、カミーユが青いエリアに入った時点でイベントが発生し、
 建物の前に強制的に移動させられるがこの時移動先に自軍ユニットが居るとカミーユのMk-IIが自軍ユニットに重なったまま行動済になり、自軍ユニットが動かせなくなる。
 なお次のターンにカミーユのMk-IIを動かしてからなら普通に動かせるのでゲームの進行には特に影響は無い。
 強制移動のある他のステージでも発生する可能性がある、要検証。

●Zガンダム(劇場版)STAGE 5 混沌の果てにでカミーユvsレコアの戦闘前会話が、戦闘のたびに発生する。

●機動戦士ガンダム外伝 STAGE 3「和平」で、グラナダから停戦が申し込まれた時点でマレットを撃破していない場合でも、増援でマレット専用アクトザクが登場する。(マップ上にマレット専用アクトザクが2機存在する。)
 さらに、最初から存在する方のマレットとフォルドで2回会話を発生させて、最初から存在する方のアクトザクを増援で現れたアクトザクより先に撃破すると、増援で現れたアクトザクが撃破してもHP1の状態でマップ上に残り続けてステージがクリアできなくなる。

●機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY 宇宙の蜉蝣 STAGE 1「MAU"CIMA"」で、ステージスキップをしても冒頭の、デトローフがシーマを呼ぶ声が入る。

●機動戦士ZZガンダム最終話で確認。シュツルム・ディアスの戦闘アニメをONにしてみると攻撃直前の移動シーンがリックディアス赤に変化してる。攻撃中はシュツルム・ディアス。


●Vガンダム STAGE3『巨大ローラー作品』 のコニー・フランシス初出撃時に台詞が入るが
「連邦軍なんて当てに出来ないんだからね・・・」とだけしか表記されず
それ以後に続く「私たちだけで片付けてやるさ」の表記がされない。

●ZプラスのMAP上のグラフィック
データではC型の武装なのにMAP上ではA型の武装になっている

●Iフィールド持ちのユニットが撃墜されたとき最後の攻撃がビーム系だと「ビームなど効かない」のようなセリフを言いながら墜ちていく

●宇宙、閃光の果てに… STAGE 2 にて、チベを撃沈せずに何十ターンも放置していると、チベ撃沈以降のイベントで出現するはずのマレット増援が現れる。詳細はシナリオ攻略に記載。



ちょっと怪しい数値設定

どこまでが仕様なのかは不明。

●イフリート改はEXAM起動で消費ENが減る。(ミサポ・24⇒16)
●コア・イージーのバルカンはEN16消費、大型スマート爆弾はEN4消費。どう見ても逆です。
●ZZガンダムとGフォートレスとではレベルアップに必要な経験値が違う。
●ネティクスのバルカンはEN16消費で何故かマシンガンよりEN消費が多い。(ちなみにバルカンは大抵EN6消費)
●ペーネロペーのビームライフルはENを10しか消費しない。Ξガンダムのビームライフルは同じ攻撃力だがEN22消費。Ξガンダムのバルカンは消費EN10でペーネロペーのビームライフルと同じ場所にあるので、消費ENをバルカンと間違ってしまったのだと思われる。
●ジムスナイパーの移動力は7だが、ジムスナイパーカスタムは5、ⅡとⅢはそれぞれ6、陸戦ジムは5。なぜか後継機や同型機より移動力が高い。
●ゼク・ツヴァイの120mmマシンガンは消費EN18、ゼク・アインの消費EN8から跳ね上がっている(他の連射系2-4の武器は威力が高くてもEN14消費まで)
●メタスのアームビームガンは攻撃力が3800もある。
●ガンダム4号機と5号機、武装以外はほぼスペックが同じだが、ブースター装備時は宇宙適応が4号機はB、5号機はAとなぜか異なる。
●アッシマーが飛行形態で格闘、MS形態でバルカンになっている。
(戦闘アニメを見ればすぐに判るがアッシマーのバルカンはMS形態時の「頭部」に存在する、飛行形態では「頭部」は収納されるため、飛行形態での攻撃手段としてバルカンが存在するはずは無い
飛行形態での格闘は強固な装甲を生かした体当たりと解釈できる、よってアッシマーに限っては仕様)

誤字脱字情報


●パッケージ裏 シナリオ対応作品の説明。
 誤)機動戦士ガンダム0083 STAR DUST MEMORY 宇宙の蜻蛉
 正)機動戦士ガンダム0083 STAR DUST MEMORY 宇宙の蜉蝣

●説明書34ページのIフィールド(強)の説明。
 誤)BEAM1とMEAM2を無効化し
 正)BEAM1とBEAM2を無効化し

●オープニングムービーのクロスボーンガンダムX1の型式番号(右上の方)
 誤)MX-X1
 正)XM-X1

●ポケットの中の戦争 STAGE 2 戦いは宇宙の片隅で 敗北条件2
 誤)クリス、グレイファントムのどちかが撃破
 正)クリス、グレイファントムのどちらかが撃破

●ベース・ジャバーがビームシールドを持っている
 ※ビームシールドの技術はU.C.0120年頃にやっと実用化されたものなので、それ以前に量産されていたベースジャバーについているのはおかしい。

●クロスボーンガンダムX3のプロフィール
 誤)変更れている
 正)変更されている

●アマクサのプロフィール
 誤)人口知能
 正)人工知能

●ディープストライカーのプロフィール
 誤)MSA-001PLAN303E
 正)MSA-0011PLAN303E

●ジャムル・フィン(MA)のプロフィール
 誤)重力化
 正)重力下
 ※ちなみにこの誤植はGジェネFから受け継がれている

●ゾゴックのプロフィール
 誤)パリエーション
 正)バリエーション

●ウォン・リーのプロフィール内での人名
 誤)メラニー・ヒュー・カーパイン
 正)メラニー・ヒュー・カーバイン

●クロスボーンガンダム スカルハート『最終兵士』基地内の兵士の台詞
 誤)シュミレーション
 正)シミュレーション

●MS IGLOO STAGE 5 『雷鳴に魂は還る』 本戦前のモニクの台詞
 誤)兄弟
 正)姉弟

●機動戦士ガンダムF90 オールズモビル兵、攻撃を無効化(Iフィールド等)された時の台詞
 誤)手応えは合ったのに…!
 正)手応えは有ったのに…!

●MS IGLOO STAGE 5 『雷鳴に魂は還る』 本戦前のカスペンの台詞
 誤)ア・バアオ・クー
 正)ア・バオア・クー

●Vガンダム  STAGE1 『マシンと会った日』 EVENT BATTLE前のマーベットの台詞
 誤)頼らざる負えない
 正)頼らざるを得ない

●Vガンダム  STAGE4 『天使の輪の上で』 ザンネック撃墜後の増援発生時のウッソの台詞
 誤)出できた
 正)出てきた

●閃光のハサウェイ STAGE2『マランビジー』戦闘後ブライトの台詞
 誤)拿捕できた言うのに
 正)拿捕できたと言うのに

●閃光のハサウェイ STAGE2『マランビジー』戦闘後ブライトの台詞
 誤)機体が焼かれたリ
 正)機体が焼かれたり
 ※"リ"がカタカナになっている。

●0083 STAGE4『阻止限界点』オープニングナレーション(誤読)
  「奇しくも」
 誤)きしくも
 正)くしくも

●赤鼻の戦闘開始セリフ(誤読)
 台詞と画面上で、「敵」と「相手」が逆。

●アレクサンドロ・ヘンメのプロフィール
 誤)ヨーツンヘイムへの配属をかなり不満を持っていた
 正)ヨーツンヘイムへの配属にかなり不満を持っていた


●MS IGLOO STAGE 3『軌道上に幻影は疾る』本戦前のデュバルの台詞
 誤)正式化競争
 正)制式化競争

●ジョニー・ライデンのプロフィール
 誤)赤い稲妻
 正)真紅の稲妻

●MS IGLOO STAGE 4『ジャブロー上空に海原を見た』本戦後のマイの報告書の日付
 誤)11月7日
 正)12月7日

●パプテマス・シロッコのプロフィール
 誤)木製帰りの男
 正)木星帰りの男

●ヤクト・ドーガ(ギュネイ)のMAP上のグラフィック
 メインカメラの上のペイントがない

●MS IGLOO STAGE 3『軌道上に幻影は疾る』本戦前のシャハト少将の台詞
 誤)オデッサへの大反攻作戦を機としておるようだ
 正)オデッサへの大反攻作戦を企図しておるようだ

●MS IGLOO STAGE 5 『雷鳴に魂は還る』 ビグ・ラングのテストパイロットにマイが任命された時のセリフ
 誤)開発を急いでいたビグロの機体を流用して
 正)開発を急いでいた超弩級MAの機体を流用して
●そもそもビグロは開発済み。流用したのはおそらく、機体の形からみてゼロ・ジ・アール。
Gジェネ含むならグレートジオングという線もあるが、両機とも公式認定ではないので微妙。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。