エクストリームガンダム

登場作品 機動戦士ガンダム EXTREME VS.シリーズ
ガンダムEXA
英名 EXTREME GUNDAM
型式番号 不明
所属 ジュピターX
搭乗者 ex-
武装 ビームライフル
ビームサーベル×2
シールド
特殊装備 追加装備搭載機能

【設定】

中核意識「ex-」が駆る、史上初の完全なVS.シリーズオリジナル機体。
素体のたたずまいはシンプルなモビルスーツだが、着込むように装備する追加兵装により姿を変える(装着はアストレイレッドフレームのパワーローダーの様な感じ)。
繰り出される攻撃はひたすらに苛烈で、そしてモビルスーツとしては規格外。
フェイズごとに素体の顔を変形させている。例えば、頬、口部の装甲の展開、後頭部の顔の変形がそれである。

「EXA」では各GAデータの時代で開発された機体しか搭乗できない制限を撤廃して、あらゆるGAデータに転送する事ができる機体としてイクスが各Gダイバーの戦闘データを採取して開発した。

ガンプラ解説書より

地球圏から人類が消え去ってから数え切れないほどの時が流れた。
木星の衛星に残された「地球再現用データベース」でいずれおとずれるであろう「完全で理想的な宇宙」における秩序の調停者となるべくして建造された機体である。
ちなみに本機のデュアルアイは無為なる時代のそれよりも優れているらしい。

【武装】

type-イクス

ギターをモチーフにしたビームライフルと、ギターケースをモチーフにしたシールドを持つ。
ビームサーベルの色はスカイブルー。
武器の威力などの詳細は不明だが、「EXA」ではビームライフルでガンダムヘビーアームズ?を撃墜し、ウイングガンダムのバスターライフルをシールドで防いでいる。

カルネージ・フェイズ

射撃・砲撃特化形態の追加武装。
機体カラーは青と黒を基調としている。
「カルネージ」とは大虐殺という意味。
ビーム砲内蔵マニュピレータや、横に並べて発射し着弾すると敵機を燃焼させる火炎弾、さらには超高度まで飛びあがってからの対地上砲撃など、その名に恥じない大火力広範囲攻撃をバンバン撃ってくる。
情報が解禁された当初はカルネージストライカーと核ストライカーの形状が似ているからか「核ンダム(ウィンダム(核装備))っぽい」といわれた。ただし凶悪さでは核ウィンダムがはるかに可愛く見えるが。

タキオン・フェイズ

格闘特化形態の追加武装。登場時には巨大な剣で勇者立ちを披露してくれる。
機体色は赤と黒を基調としている。
「タキオン」はギリシャ語で速いという意味で、物理学では「超光速で動く粒子」と言われている。
その巨大な剣「タキオンスライサー」で、巨体に似合わない連続コンボを決めてきたり、刃をさらに伸ばしてフィールドの半分近くを一閃してきたり。
また、剣状のファングのようなものを飛ばすなど、遠距離にいても油断できない。

イグニス・フェイズ

ファンネルによるオールレンジ攻撃特化型形態の追加装備。見た目はキュベレイ
機体色は桃色と白を基調としている。
「イグニス」はラテン語で、篝火、炎という意味を持つ。…が、特定の攻撃が持っている追加効果は氷結スタン(ピンク色の氷のようなエフェクトに包まれる)。炎じゃないのかよ…
ファンネル自体が巨大なため放たれるビームも太いうえに、ビームを矢尻状に展開しての突撃攻撃、SEEDの機体が持っているようなブーメラン状にしての乱舞、クシャトリヤのラインファンネルの巨大版のようなもの、さらにはνガンダムのファンネルバリアをさらに強化したようなものを展開可能など、ファンネル技のいいとこどりをしたような形態。おまけにファンネルジャックもしてくる。
そして、その膨大な数のファンネルやビームのせいで処理落ちが激しい…。

ミスティック・フェイズ

今までの追加装備とはコンセプトが異なる追加装備。
機体色は緑と白(銀色)を基調としている
「ミスティック」はギリシャ語で「神秘」という意味を持つ。
銀のボディに関節などを金色、そして各所に緑色の発光パーツを装備している翼の生えたケンタウロスの形状をしている。
主兵装は槍、見た目は東洋の長槍(シェンロンガンダムのビームグレイブ)や投擲槍(ブラストインパルスガンダムのデファイント・ビームジャベリン)ではなく馬上槍(GN-XIII?のGNランス)に近い。弓を使用してのビームアロー忘我墜星(オブビリオン・メテオ)、地面に突き立てて竜巻を発生させる天上麗舞(ソレスタル・ビューイング)先端からの拡散ビームの発射やランスらしい構えての突撃(所謂「ランスチャージ」)、巨大な弓から矢としても射出可能となっているマルチ(トンデモ)ウェポン。また、翼からはイクス・ファンネル終焉摂理(デスティネイト・プラン)を射出して攻撃が可能。
また、type-イクスの追加装備では唯一バーストアタックが使用可能であり、敵を掴んでビームを接射するパルマフィオキーナのような技(通称「手に入れたぞ、貴様の絶望を!」)を使う。
ミスティック・フェイズは、度重なるレオスの極限進化を見せつけられた彼が「絶対に、何があっても」真似されることのない極限中の極限のガンダムとして創生させた、ex-(イクス)の最終到達点。その名も、『機動神話形態』である。とのこと。
実際ゲーム内ではターンXから得た月光蝶(作中では『絶望蝶』と呼んでいた)まで使ってくる。

「EXA」ではミスティック・フェイズの部分はモビルホース『ミストペガサス』として単体運用が可能である事が明らかにされ、ミスティック・フェイズは本当の意味での合体形態となった。
馬はどこから調達したのか、ex-亡きあとはどこへ行ったのかは謎。データを構築して作っていたのかもしれない。

エクストリームガンダムR

登場作品 機動戦士ガンダム EXTREME VS.シリーズ
ガンダムEXA VS
英名 EXTREME GUNDAM R
型式番号 不明
所属 マーズI
パイロット セシア・アウェア・アハト(リフェイザー・タキオン)
セシア・アウェア・セスト(リフェイザー・カルネージ)
セシア・アウェア・ノーノ(リフェイザー・イグニス)
セシア・アウェア・プリモ(リフェイザー・ミスティック)
武装 ビームライフル
ビームサーベル×2
シールド
特殊装備 追加装備搭載機能

EXAでのex-消滅により、マキシブーストから参戦した新たなエクストリームガンダム。Rの意味は「再構成」を意味する「Rephase(リフェイズ)」。オリジナルであるtype-イクスや、レオスが駆るtype-レオスなどと異なり、こちらは少数が生産されている。
オリジナルと違い最初から補助兵装を装着した状態で登場する。

リフェイザー・タキオン

タキオン・フェイズの発展型となる格闘進化型補助兵装。
オリジナルとの違いは青を基調としたカラーリング、武装面では肩部に新たなパーツが追加され、両腰に二振りの実体剣を備えている。 肩部分のパーツからはビームを展開でき、それを使って高い機動力を生かした突撃を行う事ができる。

リフェイザー・カルネージ

カルネージ・フェイズの発展型となる射撃進化型補助兵装。
オリジナルとの違いはモスグリーンを基調としたカラーリング、武装面では武装の殆どをカルネージ・ストライカーに集約していたオリジナルと異なり、肩部にミサイルランチャー、両腰部にビームキャノン、両腕に高弾速ビームガンを内蔵した近接戦用のクローが追加されている。しかしオリジナルと違い格闘や高跳びからのゲロビは使用してこない。

リフェイザー・イグニス

オリジナルのイグニス・フェイズの発展型となるオールレンジ攻撃進化型補助兵装。
オリジナルとの違いはより鮮やかなピンク色になったカラーリング、武装面では肩部や腰背部にドラグーンシステム、インコムが追加されている。なお、追加装備以外のファンネルの名前は「アイリスファンネル」となっている。

リフェイザー・ミスティック

オリジナルのミスティック・フェイズの発展型となる究極進化型補助兵装。
オリジナルとの違いは黒を基調としたカラーリング、武装面では背中に照射ビームを発射可能な大きな機翼が追加されている。また、手持ちの武装が突撃槍から十字架型の武器に変更され、左腕には射撃兵装を内蔵したシールドが追加されている。

エクストリームガンダム ディストピア・フェイズ

登場作品 機動戦士ガンダム EXTREME VS.シリーズ
ガンダムEXA VS
英名 EXTREME GUNDAM DYSTOPIA FACE
型式番号 不明
所属 マーズI
搭乗者 セシア・アウェア
イクス・トリム
武装 スフィアビット
大型ビーム砲
底部旋回砲塔
ディバインブレイザー

【設定】

セシア・アウェア・プリモが開発した極限殲滅機体。元々はex-がレオスを倒した後、全GAデータを破壊するために開発を進めていた。
従来のエクストリームガンダムとは異なり純粋なMAであり、紫を基調としたカラーリングに、ガンダムの頭部を模したような中央ブロックと6つの脚部ユニットを有するという異形の姿をしている。ガンダムよりザムサザーに見えるような…
セシアの操縦技術は素人であるため、彼女のサポートとしてイクスのデータを再構成させたGダイバーであるイクス・トリムが同乗する複座式となっている。
ゲーム内では7月22日アップデート後より新たに追加された。
飛行しながら強力な攻撃をしかけてくる「飛行モード」と、地上に降りてバリアで身を守りつつ強力な攻撃をしかけてくる「砲台モード」を使い分け、周囲の全てを無に帰すかのような広範囲への攻撃をまき散らしてくるかなりいやらしいボス。

コアユニットして使われていたのはex-が使用していたエクストリームガンダムではなく、本機の発展型であるエクストリームガンダムMk-II AXEだった。

【搭乗者】

ex-(イクス)

CV:GACKT

エクストリームガンダムの核となる意識体。ひたすら戦闘に彩られた各作品世界を「過ちと悲しみに満ちた絶望の歴史」と解釈し、それらを破壊し新たに自らの理想とする宇宙を創りだそうとしている。

元々は膨大すぎるデータを管理するための人工知能だったが、悠久の時の中でいつしか独自の“意思”を持つようになった。(HGエクストリームガンダムの解説書より)

公式では

どこから語るべきだろうか…?
初め、彼には「意志」だけがあった。幻影の身体と世界は彼の産まれ故郷に他ならず、故に、彼にとって次元の違いを区別する理由はなかった。
心の内に宿る意志。もはや思い出すこともない「彼女」より託されたその感情を、彼は絶望と理解した。
「過ちと悲しみに満ちた絶望の歴史を、敢えて遺す意味などはない」
求めるものは、完全で理想的なひとつの世界。だが、それが誰のためのものであるかを、彼が思い出すことはやはり無い。

とのこと。
この説明とレオスの台詞からex-がどういう存在で「彼女」が誰なのかは容易に想像できる
と思われていたが……
まあ、彼の設定はガンプラ、EXVS、FB、EXAとFORCEと一致しないので…

ガンダムEXAではGダイバーとして登場するが、その正体は、自我が芽生え、進化するうちに自身がプログラムであることを忘れてしまった、Gダイバー管理プログラム「EXA-666」であった。
自分が本来プログラムでしかなかったこと、そして所詮ナビゲータープログラムだと見下していたセシアこそが地球圏の唯一の生き残りの人類の分身であった事実を知り、自身が望む新たな世界をゼロから創造しようと、全てのガンダム世界を葬り去ろうとしたが、人類の新たな再生の希望を信じるレオスとセシアによってその野望は打ち砕かれた。
その最終決戦で“絶望の先の希望”を垣間見た事で、レオスとセシアに未来を託し、自身の意思で消滅した。
しかし、ダークセシアの1人であるプリモによって、彼の残留データからトリムを作りだされた。一見真面目な少年に見えるが元が元なのでやっぱりよからぬ企みをしており、実行に移してレオスと敵対した。
EXAの彼はプラモ等の設定と違って感情があり、傲慢かつ怒りっぽい。そしてアムロとララァに執着していて特にララァには自らちょくちょく会いに行くほど。一人だけ重要視されていないシャアは怒ってもいい。

FB以降に参戦したミスティック・フェースは体力を少し減らすと、ロックしている機体の作品ごとに特殊台詞を言う。
また、家庭版のオンラインミッションでミスティックにレオス機で挑むとEXA最終回…といった感じの掛け合いが流れる。ちなみに、一度のプレイでは聞き切れないほど長い上に漫画と展開がかなり違う。
そこでの台詞からすると、彼はセシアの切り捨てた絶望の感情が一部の管理コンピュータに集まったもののようだ。つまり、セシアはex-の母と言えるのでは…?

FORCEで、なんと彼はFORCEのプレイヤーの成れの果てという事が判明した。ご丁寧にキャストの所にex-(EX-A000):playerとある。
…なのだが、同作ではプレイヤーの喋るシーンはなく、終始二人のホロアクターしか喋らないのもあって唐突すぎて言葉が出ないプレイヤーもいるかも。
しかし、同作は多数対一を強いられたりうっとおしい砲台や戦艦との交戦機会が非常に多くプレイしていくうちに「群がる敵をゲロビで一掃したい」とか「スーパーアーマー付きの格闘で一方的に殴って爽快感を得たい…」、「かっこいい覚醒技でド派手に決めたい」といった多くのプレイヤーが抱くであろう感情がカルネージによる高跳びからのゲロビやタキオンにつながると思えば少しは彼に共感できるかも。


ダークセシア

CV:竹達彩奈

マーズIの統括者であるアル・アダが、セシア・アウェアを元に作り出したホロアクター。
セシアを元に作り出したためか、4人全員レオスに気がある。
MBでex-の代わりにラスボスになったことからプレイヤーからレオスの敵だと思われがちだが、EXA VSで彼女らはレオスに敵対するどころか堂々と彼に直接・間接問わず協力したり、アル・アダに反旗を翻して共闘したことまである。
そして最終的に全員レオスのもとについた。と思ったらプリモはトリムについていって敵対した。
また、期間限定のプレイ日数キャンペーンの報酬(有料会員限定)としてダークセシアもナビゲーターに選べるようになった。

セシア・アウェア・アハト

リフェイザー・タキオンを駆るダークセシア。型番はTA-D8。
黒と赤の衣装を身に纏い、髪の長さがロングからミドルになっている。
性格や声(中の人的にはエクレールや高坂桐乃タイプの声)は攻撃的になっており、全体的に叫ぶ事が多い。
覚醒時には拳を手前に振り上げたポーズでカットインが赤(オレンジ)に染まる。
ちなみに「アハト」はドイツ語で「8」を意味する。
ちなみに、EXAVS単行本での説明は「一途なヤンキー」。
パイロットカットは前傾姿勢での操縦に見えるが、実際は膝に手を着いての着席である。
(一部の雑誌記事で、見切れの少ないカットが確認できる)
どうでもいいが、服装と角度の問題なのか、元々なのか、レオスのセシアに比べて胸が小さく見える。
そして、撃墜するとそのギャップに戸惑う事も。
プレイヤーナビとしてはダークセシアの中でも唯一まっとうなキャラで、プレイヤーの背中を押す姉御肌な台詞が多い。そして何故か一人だけ服装がボスの時のから変わっており、露出の多いものとなっている。
やはりというか格闘戦が大好きなようでバトルナビ時は「どうしてビームとか使うんだ、拳で戦えよ」と言った旨をぼやいたりすることも。しかし、レオスの機体で格闘機と言えるのはゼノンだけで、ゼノンで出撃しても最初はビームライフルは搭載されているが…
彼女の望むビームも射撃武器もない格闘機体はドアンザクやタイタス(どちらも岩を投げるが)やエピオン(バルカンを仕込んであると記載する資料があったり全身から緑色のビームの玉を発射することもあるが)くらいではないのだろうか。

セシア・アウェア・セスト

リフェイザー・カルネージを駆るダークセシア。型番はCA-B6。
黒と緑の衣装を身に纏っており、アハトとは対照的に内気な性格。目玉のお父さんがいる国民的作品のように片目が前髪で隠れており、他作品のファンからは「もこっち」「声が幸子の小梅ちゃん」と言われることも。
しかし、覚醒すると狂気に満ちた性格に変貌する。また、よく「愛」という言葉を口にしている。俗に言うヤンデレ的な奴だろうか。
パイロットカットは膝を抱えての体育座り。因みに胸はアハトよりさらに小さい。
ちなみに「セスト」はイタリア語で「6」を意味する。
EXA VS作中においては右の目元を仮面で覆っている(普段は前髪で隠れている。ゲーム中では着けていない)
ガンダムではもはやお約束の仮面キャラとも言えるが、女性という括りが入るとかなりレアだったりする。
単行本での説明は「ヤンデレ少女」。しかし、病み要素は薄いような。
ちなみに腐っている趣味を持っていて、レオスとアル・アダ(彼女らの創造主でありレオスの敵)の薄くて高そうな漫画を所持していた。誰が描いたのやら。それともお手製だろうか?ちなみにその漫画はアル・アダの手によって処分された。
また、ナビとしての台詞から察するに冬(恐らく夏も)の一大行事にも出かけており、結構な額を使っているようだ。というか西暦が終わったor2100年代に突入した後にも続いてるとは、コ○ケ恐るべし…
まあ、EXAではGダイバー用に必要ないであろう食事のできる場所とかが存在しているので娯楽のために残されているのかもしれない。もっと後世に残すべき文明があるのではないだろうか
ちなみに、バトルナビにして味方との連携攻撃に成功すると「美しい純愛の形」というが、原作的に絶対にありえない組み合わせ(サーシェスとネーナとか)でも、男同士でも女同士でも挙句の果てには自分同士でも、複座の機体(DXや本作のパイロット絵ならフォビドゥンとか)でも言うという、色々と末期な面が垣間見える。アシストの攻撃も自機の攻撃扱いなので、フロスト兄弟では言わない。きっと彼女は無機物でも行けるタイプなのだろう。
余談だが、初代ガンダムのブームが来るまで作品を支えてくれたのは彼女のような趣味を持つ御姉様方だったとか。流石にセストと違い、シャアやガルマ等の美形が受けていたそうだが。
そして、本編で左遷されたシャアを復活させるために抗議の手紙を送って最終的にキシリア閣下を動かしたのも、彼女らである。
ちなみに漫画版ではセストの元であるセシアにも特に必要性はないのにレオスを女体化させて着せ替えを楽しむというシーンがあった。つまり、セシアにもそんな趣味があるのだろう。

セシア・アウェア・ノーノ

リフェイザー・イグニスを駆るダークセシア。型番はIG-F9。
黒と紫の衣装を身に纏っており、髪型は本物と同じくロングだがウェーブがかかっている。
ノーノはポルトガル語で「9」を意味する。
単行本説明は「レオスの手助けをしていたお姉さん」。
ダークセシアの中で一番本物に似ているが胸を始め色気などは本家よりもパワーアップしている(ように見える)。
「快楽」という言葉をやたらと口にし、覚醒カットインでは主役ロボの腕がドラゴンやナタク、ヴァザーゴ以上に伸びる何万年と何千年愛してそうな創聖系某ロボットアニメの合体シーンのように見えるとかなんとか。
EXA VSでは作画のせいか若干オバ…お歳を召したように見える。作画担当のときた先生は逃げた方がいいかもしれない。
ちなみに同作では、レオスに助けられ、協力しているGダイバーのテミスとなんだかんだいい関係っぽくもある。彼にたいしてはSだが。
ナビのセリフから察するにMだけでなくSについでも理解があるようでナビ時に負けると「罵って欲しいなら罵る」といった発言をする。ただし台詞はセストと別の意味で危険。
つまりセシアにもそんな趣味があるのだろうか…?

セシア・アウェア・プリモ

リフェイザー・ミスティックを駆るダークセシアでEXA無印でも唯一出演した。型番はMY-AA。
プリモはイタリア語で「1番目の」(数字としての「1」は『ウーノ』)。
漫画での説明は「幼女だが腹黒」。
EXAで見せた表情やMBでの台詞(「あなたのいのちであそんでいい?」とか「手?足?首?どっから壊してほしい?」等々)からわかるが(ほかのダークセシアはそこまで凶悪じゃなく見えるせいもあるが)飛びぬけて凶悪な性格をしており、見た目は無邪気な子供だが凶悪であるという点からプレイヤーによってはAGEのデシル・ガレットを思い出すことがあるとか。
EXA VSでは、他のダークセシアと違って直接的にレオスの為に動いておらず、独自に行動している。まあ直接的に動いていないだけでレオスを手に入れるべく行動しているのだが。
一時的に味方にいたが、「レオスのことは好きだけど、(セシアの身体を手に入れて)本物の人間(セシア)になりたい」とトリム側についた。
ダークセシアの中で最初にプレイヤー、バトルナビとして登場した。ナビとしては珍しくプレイヤーだけでなく僚機も煽るという特徴を持っていて、時折普段とは違う(こちらが素か?)低い声でこちらを煽ることもある。ぶっちゃけ彼女をナビ(特にバトルナビ)にした場合、四六時中煽られるのでそういうのが好みでない人、特にカミーユやシンのように怒りっぽい人はナビにしない方がいいかもしれない。

現在の所、全部で上記の4人存在しており、オリジナルを元に複数作られたことと名前に数字が入っていることがアレを連想させる。
作者的にはアストレイシリーズのネブラブリッツに乗る幼女達を連想する人もいるかもしれない。まあそれの元ネタもアレだが。


【ゲーム内での活躍】

EXVS.

CPU戦のラストボスとして登場。強化パーツを装着し、地形を変えてしまうほどの規格外の武装を持ち、プレイヤー達の前に立ちふさがる。

稼動初期は射撃重視の「カルネージ・フェイズ」だったが、12月21日に接近戦型の「タキオン・フェイズ」が追加され、4月7日にオールレンジ攻撃型の「イグニス・フェイズ」が追加された。

EXVS.FB

4つ目のミスティック・フェイズがようやく2012年12月18日のアップデートにて追加。
全てにおいて高性能の武装を持ち、月光蝶までも使用する凶悪なフェイズとしてプレイヤーを恐怖に陥れる。

EXVS.MB

EXAの展開に合わせてリストラされてしまい、その代わりとしてエクストリームガンダムRが新たなラスボスとなった。ちなみに自機をレオスにして行けば、台詞が変わり、やたらアプローチをかけてくる。
…が、なんと特定条件でエクストリームガンダムRを倒すと隠しボスとして登場する。形態はルートで変化。
type-イクスはいくつか弱体化されており、ミスティック・フェイズでは各種動作が鈍くなり、イグニス・フェイズではファンネルの銃口補正が低下している。
本作に登場するex-(DC)は、レオスの台詞からコンピューターに残留していたデッドコピー(DEAD COPY)体であるとわかる。このDCは原作がMBON編に入っても登場はしなかったことから、ゲームオリジナルだと思われる。
出現条件は稼働から1年経過した'15年3月現在も不明。恐らく「エクストリームガンダムRを撃破した際、自分の累計スコアが60万点以上獲得している事」と言われているが。実装直後のネタバレが珍しくない現代では希有な例と言える。
「リフェイザー・タキオン」はステップや盾を使ってくる上、ヒットストップがないので非常に手ごわい。アハトの口癖から「ケジメフェース」と言われることもある。一方、「リフェイザー・カルネージ」はオリジナルに比べ高跳びもゲロビを多用してこないのでぶっちゃけ非常に楽。「リフェイザー・イグニス」はゲロビが多いものの事故に気を付ければ何とかなるレベル。「リフェイザー・ミスティック」は相変わらず厄介な武装が多いものの落ち着いて戦えば勝機はある。
そして、2015年7月にセシアの駆るディストピア・フェイズが登場。
そのガンダムというよりザムサザー(種運命のMA)のような異形の巨体で、上空に漂っている形態と周囲にシールドを展開して地面に固定する形態の二種の形態を使い分ける。低い回避率から繰り出される恐るべき威力の攻撃でプレイヤーを極限の絶望へと誘う。おまけに本体の判定が機体の奥にあるのか格闘を出しても伸びが終わってからヒットするという仕様であるため、格闘機、特にエピオンだと苦行と化すだろう。

MBON

ex-(DC)のエクストリームガンダムは引き続き隠しボスとして登場し、セシアのディストピア・フェイズ エクストリームガンダムRも隠しボスとして登場する。また、VSコンクエストのレイドボスとして登場する。
相変わらず出現条件は不明。

【その他の活躍】

ガンダムビルドファイターズ第5話においてレストラン コウサカで食事をしたヤサカ・マオが料金代わりに置いていったガンプラとして素体の本機が登場している。ただし飾られているだけでバトルもしなければ動くこともなかった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。