※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<無限ループ調査>
 配置されたスクリプトパネルの枚数と無限ループ検出の関係についての調査

実験者:【SB】 Shooting Game Builder ver 13 【シューティング】の123氏(2011/11/23)

実験環境
 CPU:
 メモリ:
 ビデオカード:
 OS:

実験方法
 時間待ち無しのパネル100枚を連続して配置

実験結果(SB v0.99.55で検証)
 パネル98枚目まではエラーなし
 パネル99枚目で「無限ループを検出しました」
(エラーは出るが、パネル100枚はすべて正常に実行)
 さらに10枚追加で、エラーは出るが、すべて正常に実行

結論
 ウエイト0で連続してスクリプトパネルを99枚以上配置した場合の「無限ループ検出エラー」は無視して良い
(警告されるものの、正常に動作している)

追加検証

実験者:【SB】 Shooting Game Builder ver 13 【シューティング】の125氏(2011/11/23)

実験結果
①パネルを挟まないループ
 [制御:ループ開始:96回] > [制御:ループ終了] >▲:正常
 [制御:ループ開始:97回] > [制御:ループ終了] >▲:無限ループを検出
②パネルを挟むループ(時間待ち無しパネル)
 [制御:ループ開始:48回] > [(待ち無しパネル)] > [制御:ループ終了] >▲:正常
 [制御:ループ開始:49回] > [(待ち無しパネル)] > [制御:ループ終了] >▲:無限ループを検出

結論
 「無限ループを検出しました」はエラーでなく、「時間待ちがない状態で99枚以上を実行してるが、スクリプトには間違いないか?」という「警告メッセージ」

  • 同一フレーム内で99枚以上のパネルを実行すると、「無限ループを検出しました」のメッセージが出る
  • 「無限ループを検出しました」のメッセージが出てからも、99枚目以降のパネルはきちんと実行されている